水着の歴史と種類

この先、水着の購入や使用をするにあたっては、水着が歩んで来た歴史に想いを馳せてみるのもまた、面白いものです。水着の歴史の中で、1946年、フランスのデザイナーが発表した「ビキニ」は、肌の露出が多いツーピースの水着です。後に、1964年には、アメリカ人によって、ビキニのブラジャーがない「トップレス」が発表されることとなります。そして、1970年代後半には、「ハイレグ・カット」が登場します。当時の水着には、伸縮性・耐塩素性の高い合成繊維が一般的に使用され始めることとなりました。

そういった歴史を経た現在、水着は、デザインの違うものを複数用意して、場所・目的に応じて使い分けるのが一般的なスタイルとなっています。水着を使用目的によって分類したものの1つに、運動用の水着があります。こちらは、競技やフィットネスに使用されるもので、身体の動きに支障を来たさないこと、脱げにくいことに加え、特に競泳では、水の抵抗を減らすことが求められます。運動用水着のバリエーションとしては、競泳用水着・スクール水着・フィットネス水着などが挙げられます。その内、競泳用水着は、水泳連盟の公認のものとなっているのが基本です。

当カテゴリーでは、水着を購入したり、使用したりしようと考えている方のために、関連するさまざまな情報をご提供します。水着に関する理解を深めたいとお考えの方には、これからお届けするコンテンツをチェックするのがおすすめの方法です。

メインメニュー