競泳用水着などの情報

水着の中でも、競泳用水着と呼ばれるものは、基本的に、水泳連盟の公認を受けています。こちらは、肌への密着度・圧迫度がたいへん高く、フィットネス用水着と比較すると、伸縮性が低くなっています。競泳用水着は、水の抵抗を受けることが少なく、身体が無駄にブレることを防ぐ効果がありますが、反面、耐久性は重要視されておらず、劣化が激しいという問題点が存在します。性別を問わず、競泳用水着を購入するにあたっては、サイズの選び方に気を配ることが必要とされます。中でも、小さいサイズの水着を無理に着用すると、水の抵抗が大きくなるほか、身体の動きに制限が加わりやすいというデメリットがあります。また、サイズがあまりにも小さいと、生地が伸び過ぎてしまい、設計者が意図した通りの性能を発揮することができないという難点も存在します。

続いて、フィットネス用水着は、競泳用水着と比較して、肌を締め付ける力が弱く、水中での運動を楽しむことを目的とした設計となっています。こちらは、素材の選択肢が多いため、デザイン性が高くなっているのが特徴的です。また、ほとんどのフィットネス用水着には、動きやすさや着心地の良さに対する工夫として、ソフトでストレッチの利いた生地を、部位・製品によっては2枚重ねで使用されています。

メインメニュー